東国原英夫「都知事か俳句の二択。その時に僕は俳句を選んだ」【プレバト!!連載】 – ニコニコニュース

Home » 政治スキャンダル » 舛添要一前東京都知事政治資金問題 » 東国原英夫「都知事か俳句の二択。その時に僕は俳句を選んだ」【プレバト!!連載】 – ニコニコニュース
舛添要一前東京都知事政治資金問題 コメントはまだありません

4月12日(木)夜7時から、TBS系で「プレバト!!」のスペシャルとして「プレバト!!才能ランキング」が放送される。

【写真を見る】「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」では、実力派がそろい踏み! 浜田雅功らが結果を見守る

「プレバト!!」は、MC・浜田雅功の下、芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメント番組。

12日の2時間スペシャルでは、「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」「水彩画・昇格査定スペシャル」、そして新企画である「押し花アートの才能査定」が開催される。

名人・特待生だけが参加できる「俳句タイトル戦!春の俳桜戦」では、最高位・名人9段ながらタイトル戦は無冠の梅沢富美男、昨夏の「炎帝戦」覇者で梅沢を猛追する名人8段・藤本敏史、昨春の「俳桜戦」と秋の「金秋戦」を制した名人6段・東国原英夫らが参戦。

さらに、「冬麗戦」で涙の初優勝を果たした千賀健永と、“キスマイ俳句名人”としてリベンジを狙う横尾渉、三遊亭円楽、中田喜子、千原ジュニア、松岡充がタイトル戦に挑む。

そこで、WEBサイト「ザテレビジョン」では番組を盛り上げるべく、短期連載企画を実施。

番組でさまざまな企画に挑戦してきた出演者たちにインタビューを行い、番組への思いや今回の企画への意気込み、自身の成長を感じた瞬間などに迫っていく。

さらに、査定人である夏井いつき先生による「俳句」企画に参加するメンバーの評価も紹介する。

今回は、「俳句」で「俳桜戦」二連覇を狙う東国原英夫に直撃!

■ “取り合わせ”により俳句に傾倒

――番組出演まで、俳句の経験はありましたか?

全くないです。番組始まってから、この2年半ですね。

――俳句に開眼したきっかけは?

名人の初段くらいになるころですかね。その前に2016年の5月に舛添(要一)さんが失脚していくんですよ。あの時なぜか俳句に傾倒しましたね。なぜ舛添さんの政治と金の問題が、僕を俳句に集中させた理由になるのかはわかりません(笑)。

俳句でいうとこれは“取り合わせ”というんですね。季語とそれ以外の文章は微妙な距離感というのが“取り合わせ”の妙なんですね。季語が“春”だったら、それに関係ないような文言を出すんです。これと季語関係ないじゃないかという微妙な距離感。たぶん2016年の5月6月、舛添さんが失脚された時に、僕は“取り合わせ”を求めてたのかもしれませんね。

――見事な“取り合わせ”ですね。

6月後半に小池(百合子)さんが都知事選に出る時、この番組から「東国原は都知事選に出るのか出ないのかはっきりしろ」って言われたんですよ。東京都知事か俳句の二択。その時に僕は俳句を選んだんですよ。舛添さんは東京都知事も俳句も駄目だったんです。人生の選択でしたね。俳句の道を選んだからには中途半端ではいけないと奮起しました。

■ 目標は国民栄誉賞!?

――現在、名人6段、タイトル戦では昨春の「俳桜戦」と秋の「金秋戦」の二冠でいらっしゃいますが、これからの目標は?

年4回タイトル戦がありますから、それを全部取って、3冠4冠取って国民栄誉賞を狙いたいですね。3冠取ったらもらえるんじゃないかと思うんですよ。この番組から国民栄誉賞出るのは快挙ですよね。

――東国原さんの俳句は社会派といいますか問題提起になるようなものが特徴的ですが、どんな思いを込めていらっしゃいますか?

特徴を出すようにはしています。やはり個性を出さないと、ある程度上にはいけないと思うので。基本に忠実に、かつ個性を出すようにしています。ですからフジモン(藤本敏史)とか、村上ポンチ君(村上健志)の作風はできるだけまねしないようにしています。

自分の作ったものに関しては、“類句”という、過去に同じような句がないかできるだけ調べますね。過去に似たものがあると、これまでも何回も俳句を消してきました。とにかく何十万とありますから、桜の句とかものすごいあるんですよ。それをできるだけ調べてまねだといわれないようには注意してます。

――1回のご出演でどのくらいの句を作られるんですか?

だいたい30~40くらいは毎回作ります。俳句は“多作多捨”、多く作って多く捨てることが基本らしいんですね。だからどれだけ作ったか、どれだけ人の俳句を読んだか、その裏打ちが実力の証明らしいです。

――ライバルだと意識されている方は?

フジモンと村上ポンチ君ですね。フジモンは子供の目線で見た大人の俳句が読めるんです。子育て中なので、どうしても子供の目線になる。これは僕にはないですね。村上ポンチ君は細かい描写が女性的で繊細です。

――夏井先生の容赦ない添削も番組の見どころですが、自信作をバッサリ斬られた時のお気持ちは?

夏井先生は忠実公平公正にやっておられるなという感じがします。でも若干好き嫌いがあるのかなと。先生の著書を読むと作風にものすごい個性がありますから。そういった意味で好き嫌いはあると思います。そりゃそうですよね、芸術家ってそうですからね。その傾向を作者側が読み取らなきゃいけないですよね。この先生はこういうのが好きだよなと読み取って提出しなきゃいけない。僕らレベルだったら、先生の好き嫌いは影響ないと思いますね。

■ あえてのチャレンジで二連覇を狙う

――「俳句」以外にも挑戦したい企画はありますか?

ないですね。あっちもこっちも物理的にできないです。俳句だけ。

――この番組の魅力は何だと思われますか。

プレッシャーバトルですね。プレッシャーがかかるというところでひとつの面白さがあるんじゃないですかね。昇格降格、勝ち負け、努力していく過程のドキュメントであったり、プレッシャーに負けないという緊張感みたいなものが画面から伝わるところが人気の秘密かもしれませんね。

――二連覇のかかる今回の「俳桜戦」ですが、ご自身は何位くらいだと予想されますか。

ベスト3くらいですかね。優勝はないかもしれません。今回はチャレンジして、五七五の定型詩を崩した破調(はちょう)というんですけれども、調子が破れている、崩れている偏向的な俳句を作ったので、1位にはなれないだろうな。過去チャンピオンタイトル戦の優勝者をみると、全て定型なんですね。五七五の定型にビシッとはまってる。それを崩してるから。僕の目標は破調でも1位が狙える作品にチャレンジしたんです。まあでも定型が強いでしょうね。

――最後に「俳桜戦」二連覇に向けての意気込みを。

もう提出してますからね。いつも1位を狙ってますよ。ディフェンディングチャンピオンなんで、当然、二連覇を狙ってます!

■ 夏井先生コメント

「勉強の仕方が論理的なので、自分の作った句を客観的に読むことができるようになってると思います。だから今回あまりにもベラベラ説明してたけど、あそこまで説明する必要もないんですけど(笑)。それだけいろんなことを考えて、あらゆる角度から自分の句のまずいところを分析して、そこを直していくということを丁寧に根気よく学んでらっしゃる印象が強いですね。

伸び率は一番すごい。私、「NHK俳句」(毎週日曜朝6:35-7:00、NHK Eテレ)という番組をやってるんですけど、そのテキストの連載を一言一句こぼさず読んでるんじゃないかなと思う節があって。勉強が好きな方だなと思いますし、その分だけ確実に上手になってますね。

俳句はスポーツの筋トレみたいなもので、俳句のメカニズムを知ってそれをこつこつと反復練習すると、ある程度のところまでは誰でも確実に上手になるんです。東国原さんは、今、嬉々として筋トレをして、着実にまっしぐらに上手くなってる感じです。私もこう見えて体育会系だったんですよ。筋トレや反復練習をするのを厭わない体育会系の人は上手くなる。あと理系の人は言葉と言葉をパズルみたいに組み合わせることに違和感がないんです。だから体育会系の精神力を持っている理系の脳みその人がいいのかもしれない。

■4月9日(月)は「水彩画」初登場で“才能アリ”と評価され、特待生入りを目指す土屋アンナに直撃!(ザテレビジョン・文=国川恭子)

4月12日(木)放送の「プレバト!!才能ランキング」(TBS系)の魅力に迫る連載企画。第5回は東国原英夫に直撃!

LEAVE A COMMENT