【転出超過自治体ランキング】ワースト3は北九州、長崎、那覇。市川の課題は? – BLOGOS

Home » 国・自治体不祥事 » 【転出超過自治体ランキング】ワースト3は北九州、長崎、那覇。市川の課題は? – BLOGOS
国・自治体不祥事 コメントはまだありません

転入超過は東京への一極集中がより顕著に、首都圏4都県で89%超

各都道府県や市区町村における2017年1年間の転入超過、転出超過が明らかになりました。
まず全体的な傾向を共有してもらうために都道府県の状況から紹介します。
47都道府県中転入超過となったのはわずか7都府県、残りの40道府県は転出超過となっています。

転入超過都府県の転入超過の計は133,967人、その半数以上の56.4%に当たる75,498人が東京都の転入超過となりました。
次いで転入超過が多かったのが千葉県の16,203人、3位が埼玉県の14,923人、4位が神奈川県の13,155人と4都県が全体の89.4%を占めました。

5位が福岡県の6,388人、6位が愛知県の4,839人、7位が大阪府の2,961人と各地域の中心都市に集中している様に見えます。
逆に最も転出超過だったのが福島県の▲8,395人、次いで兵庫県の▲6,657人、北海道の▲6,569人と続きます。

転入超過が東京に集中しているのに対して、転出超過は幅広く多くの自治体に広がっている状況だと言えます。
また世代別の転入超過と転出超過を見ると、そのほとんどが20代である事も見えてきます。

図表: 転入転出超過自治体ランキング(都道府県)


出典: 高橋亮平作成

転出超過は2年連続で最多が北九州市、次いで長崎市

2017年に最も転出超過となった基礎自治体は、北九州市(福岡県)の▲2,248人(2016年▲2,623人1位)、2位は長崎市(長崎県)の▲1,888人(2016年▲1,547人2位)と前年度と同じ自治体による1,2となりました。

3位は那覇市(沖縄県)の▲1,537人(2016年▲1,197人10位)、4位は呉市(広島県)の▲1,361人(2016年▲584人48位)、5位は日立市(茨城県)の▲1,215人(2016年▲1,250人8位)、6位は横須賀市(神奈川県)▲1,112人(2016年▲1,266人7位)、7位は南相馬市(福島県)の▲1,081人(2016年▲523人62位)、8位は下関市(山口県)の▲1,028人(2016年▲1,188人11位)、9位は釧路市(北海道)の▲1,023人(2016年▲1,002人14位)、10位はいわき市(福島県)の▲992人(2016年▲421人99位)となっています。

転出超過自治体については、1位と2位が前年と同じだった事をはじめ、多少の上限はあるものの例年と同じ様な状況でした。
下位自治体については固定化されて来ている傾向にあるとも言えます。

図表: 転出超過自治体ランキングワースト50(市区)の転出超過数の推移


出典: 高橋亮平作成

転入超過最多は15倍になった大阪市。次いで21倍の名古屋、113倍の京都市

一方で最も転入超過になったのは3年連続で大阪市(大阪府)、154,853人(2016年9,474人1位)と前年の15倍以上に増えました。

2位の名古屋市(愛知県)も127,663人(2016年5,950人6位)と前年比21倍、3位は京都市(京都府)に至っては66,886人(2016年590人76位)と113倍にも増えています。
4位の神戸市(兵庫県)も64,007人(2016年▲242人563位)と転出超過からの大幅な転入超過に、5位の堺市(大阪府)は31,006人(2016年▲1,206人806位)とワースト9位から一気にベスト5位に転じるなど、転入超過自治体はこれまでの状況から一気に変わって来ています。

ちなみに以降も6位は浜松市(静岡県)の29,926人(2016年▲606人771位)、7位は静岡市(静岡県)の22,967人(2016年▲811人791位)、8位は西宮市(兵庫県)の19,056人(2016年57人202位)、9位は豊中市(大阪府)の18,318人(2016年681人69位)、10位は吹田市(大阪府)の17,625人(2016年1,872人34位)となっています。

転出超過は都道府県同様に幅広い自治体に薄く発生しているのに対して、転出超過が一部の自治体に集中している事は、基礎自治体で見るとより顕著であることが見えてきます。
大阪市の転入超過数は1市で東京都全体の転入超過数の2倍になっている事は衝撃的です。

また図表を見ても転出超過下位市区と異なり、転入超過上位市区は昨年まで転出超過下位から一気に状況を変えた自治体も多くある事も2017年の大きな特徴として見えて来ます。
2010年からこうした調査を行なっていますが、震災による影響で被災地やホットスポットと言われた自治体の状況が大きく変わった以外は大きな変動はなく、2017年はこれまでにない傾向を示しているとも言えます。

図表: 転入超過自治体ランキングベスト50(市区)の転入超過数の推移


出典: 高橋亮平作成

図表: 転入超過数別自治体数の推移


出典: 高橋亮平作成

対象とした全国814自治体(2013〜2015は813、2010〜2012は812自治体)の転入超過数別自治体数の推移を見ても、調査を始めた2010年から例年ほぼ同じ様な状況で推移して来たにも関わらず、2017年だけが極端に大幅に転入超過自治体が増えた自治体が増えた事が分かります。

2016年の転入超過の最多が9,474人(大阪市)、2015年が11,662人(大阪市)、2014年が8,363人(札幌市)、2013年は10,088人(札幌市)、2012年は9,284人(仙台市)、2011年は11,129人(福岡市)、2010年は5,820人(大阪市)だった事から考えても、2017年の154,853人(大阪市)は極端な規模だという事が言えます。

LEAVE A COMMENT