東京五輪・パラ大会マスコット候補に「似すぎ」「パクリ」 審査員に「妖怪ウォッチ」制作会社CEで忖度!? – スポーツ報知

Home » 国・自治体不祥事 » 東京五輪エンブレム問題 » 東京五輪・パラ大会マスコット候補に「似すぎ」「パクリ」 審査員に「妖怪ウォッチ」制作会社CEで忖度!? – スポーツ報知
東京五輪エンブレム問題 コメントはまだありません

 2020年の東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補3作品が7日、公表された。今後、来年2月22日まで全国の小学生がクラス単位での投票を行い、同28日に最多得票の採用作品を発表。来夏に正式決定する見通しだ。そんな中、インターネット上では早くも発表された作品が人気アニメ「妖怪ウォッチ」のメインキャラクター「ジバニャン」や、ローソンなどで使用できるポイントカード「Ponta(ポンタ)」に似ているとの意見が浮上した。

 五輪・パラリンピック史上初めて、小学生の投票で大会マスコットが決定するという新たな試みに、“投票権”を持たない大人たちがさっそく茶々を入れた。

 五輪用とパラリンピック用のマスコット、ア~ウの各3案が発表されたのは午前10時45分頃。正午前には、早くも「似すぎ」「またパクリ?」などの文字がネット上に散見された。いずれも標的となったのは、「ウ」案だった。

 キツネの顔に勾玉(まがたま)をデザインした五輪のマスコットは、「妖怪ウォッチ」に登場する地縛霊のネコ「ジバニャン」にソックリとの指摘が。顔の色や模様は違うものの、白目部分が黄色い真ん丸の目がジバニャンを連想させたと考えられる。

 「妖怪ウォッチ」を制作する「レベルファイブ」の代表取締役社長兼CEOの日野晃博氏は、選定に関わる「マスコット審査会」のメンバーを務める。何らかの忖度(そんたく)があったと勘ぐる声もある中、日野氏は「ほかの審査員の皆さま同様、公平な立場で審査をしており、現在のマスコット3案にジバニャンなど妖怪ウォッチのキャラクターに似ている案は全くないと考えています。先入観にとらわれず、小学生投票の結果を楽しみにしていてください」とコメントした。

 一方、タヌキがモチーフのパラリンピックのマスコットは、ポイントカードに描かれた「ポンタ」をイメージさせるとの意見が相次いだ。こちらも目の周辺に類似点が見られるが、カードの運営会社ロイヤリティマーケティングは「モチーフがタヌキなので似ていることもあると思います。ポンタはタヌキ仲間として応援しています」と“大人の対応”を見せた。

 五輪・パラリンピックでは、2015年に発表されたエンブレムに「盗作疑惑」などが持ち上がり、再選考が行われた経緯がある。2042作品の応募があった今回は、3作品に絞られた。投票は来年2月22日に締め切られ、同28日に採用作品を発表する。ただ名前は商標権のハードルが高いため、改めて実績あるプロに依頼し、来年7~8月に公表する見通しだ。早くもこれだけ話題となるのは、それだけ注目度が高い証拠といえるかもしれない。

LEAVE A COMMENT