東京五輪エンブレムを無断掲載、容疑で書類送検 – 読売新聞

Home » 国・自治体不祥事 » 東京五輪エンブレム問題 » 東京五輪エンブレムを無断掲載、容疑で書類送検 – 読売新聞
東京五輪エンブレム問題 コメントはまだありません

 インターネットオークションの商品画面に2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを無断掲載したとして、警視庁は14日、東京都足立区のIT関連会社社長の男(44)を著作権法違反(公衆送信権侵害)容疑で書類送検した。

 発表によると、男は今年6月、ネットオークションに東京五輪にちなんだ「ドメイン」(ネット上の住所)を出品した際、商品画像の背景に、東京五輪の公式エンブレムを無断で掲載し、大会組織委員会の著作権を侵害した疑い。容疑を認め、「エンブレムを使った方が他人の目にとまって売れると思った」と供述している。

 出品したドメインは「2020tokyo-olympic.jp」「2020-tokyo-olympic.jp」など計3種類。男は6月、それぞれ10万円で出品したが、落札者はいなかった。

LEAVE A COMMENT