文科省を批判「教育守る義務の放棄」 – 毎日新聞

Home » 国・自治体不祥事 » 文部科学省天下りあっせん問題 » 文科省を批判「教育守る義務の放棄」 – 毎日新聞
文部科学省天下りあっせん問題 コメントはまだありません

名古屋市で講演する、文科省の前川喜平前事務次官=共同



 文部科学省の前川喜平前事務次官は8日、自らの授業内容を報告するよう名古屋市教育委員会に要請した文科省について「不当な政治的な力から教育現場を守る義務があるが、それを放棄するようなことをした。職員は教育と行政の関係を勉強し直した方がよい」と批判した。同市内で記者団の質問に答えた。

 名古屋市が地盤の池田佳隆自民党衆院議員らが経緯を同省に照会した点に関しては「権力を握る人が教育内容に踏み込むことは控えないといけない。政治の限界を超えている」と非難した。

 同省は前川氏が組織的天下り問題で処分を受けたため、主体的に判断した調査と主張している。(共同)


LEAVE A COMMENT