書き換え前文書保管の可能性、国交省から5日に報告=菅官房長官 – BLOGOS

Home » 国・自治体不祥事 » 国交省「土地情報システム」個人情報流出問題 » 書き換え前文書保管の可能性、国交省から5日に報告=菅官房長官 – BLOGOS
国交省「土地情報システム」個人情報流出問題 コメントはまだありません

[東京 15日 ロイター] – 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、森友学園への国有地売却を巡り国土交通省に保存されている文書が、財務省の書き換え前の文書の一部である可能性があることが、官房副長官に5日時点で報告されていたことを明らかにした。6日には菅長官にも伝えられたという。

財務省が8日に書き換え前の文書を国会に提示し、これが全てだとした時点では、菅官房長官にはすでに、書き換え前の文書が存在する可能性が報告されていたことを認めた。

菅長官によると、杉田和博官房副長官が5日時点で国土交通省から、同省保存文書が書き換え前の文書の可能性があるとの報告を受けた。その際に「副長官から同省に対して財務省調査に全面的に協力するよう指示し、合わせて財務省には徹底した調査を指示した」という。その上で「翌日6日には副長官から報告を受けた」と述べた。

しかし、「その時点では、財務省は最終的に検察当局からの協力を得て文書を確認する状況にはなかったと承知している」とも述べ、あくまで書き換え前の文書が存在している「可能性」にとどまっていたとの認識を示した。

(中川泉)

LEAVE A COMMENT