国交省、タクシーの「相乗り輸送」を実験 運賃は分担 – ITmedia

Home » 国・自治体不祥事 » 国交省「土地情報システム」個人情報流出問題 » 国交省、タクシーの「相乗り輸送」を実験 運賃は分担 – ITmedia
国交省「土地情報システム」個人情報流出問題 コメントはまだありません

ニュース


» 2017年12月19日 19時31分 公開



国交省が、同じ方向に向かう乗客をスマホアプリでマッチングし、1台のタクシーに相乗りで乗車可能にするサービスの実証実験を行うと発表。




 国土交通省は2018年1月22日〜3月11日に、同じ方向に向かう乗客をスマートフォンアプリでマッチングし、1台のタクシーに相乗りで乗車可能にするサービスの実証実験を行うと発表した。料金は走行距離に応じて分担するため、格安で乗車できる点が特徴だ。

photo
タクシーの相乗りが可能になる(画像はイメージです)

 実施エリアは東京都内の23区、武蔵野市、三鷹市。大和自動車交通グループ4社と日本交通グループ11社が協力し、計949台の車両を提供する。実験専用のアプリは設けず、両グループの公式アプリがマッチング機能を個別に搭載する形となる。「タクシーの運賃は高い」と考えて乗車を敬遠していた顧客層の獲得と、ドライバー側の輸送効率化が狙い。

 マッチングが成立すると、走行距離と乗車人数を基にアプリが運賃を算出するため、利用者は事前に所要金額が分かる。異なる場所から乗り合わせることも可能で、同乗者は乗車したい地点をアプリで設定できる。

photo
料金の算出方法の一例

 想定する利用シーンは、(1)終電後の深夜時間帯、(2)朝の通勤時間帯、(3)イベント時、(4)空港へのアクセス――など。

photo
大和自動車交通グループのアプリ画面


photo
日本交通グループのアプリ画面

 国交省は、マッチングの成立状況と運賃水準の検証結果や、利用者アンケートの結果を踏まえ、制度化を検討するとしている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.






‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

LEAVE A COMMENT