「助けてください」悲痛な声=棄却決定、再審請求の妹-名張毒ぶどう酒事件 – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 「助けてください」悲痛な声=棄却決定、再審請求の妹-名張毒ぶどう酒事件 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

名張毒ぶどう酒事件で、再審請求が棄却されたことを受け、奥西勝・元死刑囚の遺影を前に記者会見する妹の岡美代子さん=8日、名古屋市中区

 三重県名張市で1961年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、殺人罪などで死刑が確定し、2015年に病死した奥西勝・元死刑囚の第10次再審請求が棄却された8日、妹で請求人の岡美代子さん(88)が弁護団とともに名古屋市で記者会見をした。岡さんは兄の遺影を掲げながら、「兄は絶対やっていません。助けてください」と悲痛な声を上げた。
 棄却決定後、多数の支援者らが待つ会見場に姿を見せた岡さんは、腰を折り曲げて歩き、終始力なくぼうぜんとした様子だった。奥西元死刑囚にどう伝えるか問われると、「やっていないのに悔しいなあって話したいです」と声を絞り出した。(2017/12/08-19:00)

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT