「理不尽な判決」=受信料徴収強化を懸念-男性側弁護団 – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 「理不尽な判決」=受信料徴収強化を懸念-男性側弁護団 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

NHKが契約締結と受信料の支払いを求めた訴訟の最高裁判決を受け、記者会見する男性側代理人の高池勝彦弁護士(左)ら=6日午後、東京都千代田区

 受信料制度を合憲とした最高裁判決を受け、NHKに訴えられた男性の弁護団が6日、東京都内で記者会見し、「理不尽な判決だ」と受信料徴収が強化する事態への懸念を示した。
 弁護団代表の高池勝彦弁護士は「われわれの全面敗訴だ。受信料制度の改革には寄与しない」と悔しさをにじませた。
 最高裁は、受信契約の承諾を命じる判決が確定するまで、未払い分の「時効」はスタートしないと判断した。尾崎幸広弁護士は「テレビを設置した50年前までさかのぼって受信料の支払い義務があることを是認する内容だ」と批判した。
 テレビを多数設置するホテルなどは負担が大きくなる可能性があると指摘し、「つぶれる所も出てくるかもしれない。非常に理不尽だ」と憤った。
 弁護団によると、NHK内の審議会では、インターネットによる番組放送についても、スマートフォンなどを所有した時点からの支払いを求めることが議論されているという。弁護団は「看過できない。旧態依然とした制度でいいのか。ネット時代にふさわしい立法を国民が求めていくべきだ」と訴えた。(2017/12/06-19:24) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT