宇野、ファイナル進出なるか=17日から仏杯フィギュア – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 宇野、ファイナル進出なるか=17日から仏杯フィギュア – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

スケートカナダで優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)のフリー演技=10月28日、カナダ・レジャイナ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フランス杯は17日からグルノーブルで行われる。男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)はシリーズ成績上位6人で争うファイナル(12月、名古屋市)進出が懸かる。女子の三原舞依(シスメックス)は表彰台を目指す。

〔写真特集〕男子フィギュア 宇野昌磨

 宇野は第2戦スケートカナダで優勝し、フランス杯で3位以内に入れば自動的にファイナル進出が決まる。昨季後半から5大会連続で合計300点を超えており、高いレベルで安定している。
 スケートカナダでは今季から挑む4回転サルコーを外し、フリーで4回転は3種4本に減らしたが、代わりに3度の連続ジャンプを全て得点の増す後半に入れて決めた。構成は柔軟で、サルコーの完成度が上がれば得点はまだ伸びそうだ。
 三原は第3戦中国杯で4位。ジャンプに大きなミスはなかったものの、得点が思うように伸びなかった。ジャンプやスピン、ステップの出来栄え点(GOE)を上げることが浮上へのカギ。女子はケイトリン・オズモンド(カナダ)、アリーナ・ザギトワ(ロシア)ら強豪がそろう。日本勢は他に15歳の白岩優奈(関大ク)が出場する。(2017/11/14-14:13) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT