安倍首相、加計氏のごちそう反省=「注意必要だった」 – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 安倍首相、加計氏のごちそう反省=「注意必要だった」 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 首相は17日の衆院内閣委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題に関し、親友である加計孝太郎理事長に会食費用を支払ってもらったことがあると認めた上で、「李下(りか)に冠を正さずという気持ちで、注意を払わなければいけなかった」と反省の弁を述べた。立憲民主党の氏への答弁。
 首相は、獣医学部新設の国家戦略特区指定の手続きが行われた時期を含む2013~16年に加計氏と複数回会食。その費用負担について「私が持ったり、加計氏が持ったり。いずれにせよポケットマネーの範囲内だ」と説明した。計画を知った時期については、「17年1月」と繰り返し主張している。
 これに対し、阿部氏は質問で「首相は国家戦略特区の責任者として物事を決める立場にあった。何十年来の友達であっても、(事業者との接触には)気を付けなければならない」と指摘した。(2018/05/17-20:37)


【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT