浦和、G大阪などプレーオフ進出=広島は敗退-ルヴァン杯サッカー – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 浦和、G大阪などプレーオフ進出=広島は敗退-ルヴァン杯サッカー – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 Jリーグのルヴァンカップは16日、各地で1次リーグ最終節が行われ、各組2位までのプレーオフ進出8チームが出そろった。C組は浦和が広島に1-0で勝ち、勝ち点13で1位。G大阪は名古屋に1-4で敗れたが同9で2位となり、J1首位の広島は3位で敗退。
 A組は仙台がF東京を1-0、横浜Mが新潟を2-1で下し、ともに勝ち点11。直接対決の成績により仙台が1位、横浜Mが2位となった。B組は磐田が2位以内が確定していたJ2甲府を1-0で退け、勝ち点12で1位を決めた。D組は湘南が長崎を2-0で破り、勝ち点10で2位に入った。鳥栖と引き分けた神戸が同11で1位。
 アジア・チャンピオンズリーグに出場した川崎、鹿島、C大阪、柏は準々決勝から登場。8強入りを懸けるプレーオフは第1戦が6月2日、第2戦が同9日に行われ、組み合わせは仙台-湘南、磐田-G大阪、浦和-甲府、神戸-横浜M。 (2018/05/16-22:08)


【サッカー記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT