会場動線の改善など報告=IPCと組織委が事務折衝-東京パラ:2018平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピック – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 会場動線の改善など報告=IPCと組織委が事務折衝-東京パラ:2018平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピック – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の事務折衝が17日、東京都内で始まった。組織委の武藤敏郎事務総長は会合の冒頭で、「(3月に)22競技全ての会場が決定した。今後、準備をさらに進めたい」とあいさつした。
 昨年10月以来となる今回の第5回会合は2日間の日程で開催。組織委はIPCから以前に改善を求められた競技会場の選手動線や宿泊施設のバリアフリー対策、輸送計画などについて進展状況を報告する。 (2018/05/17-09:44) 関連ニュース

LEAVE A COMMENT