田中、六回途中4失点=大谷は代打で中前打-米大リーグ – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 田中、六回途中4失点=大谷は代打で中前打-米大リーグ – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

レッドソックス戦に先発し、力投するヤンキースの田中=9日、ニューヨーク

 【ニューヨーク時事】米大リーグは9日、各地で行われ、ヤンキースの田中はレッドソックス戦に先発して六回1死で降板した。5回3分の1を投げて2本塁打を含む8安打4失点、3奪三振で5勝目の権利を手にしたが、その後逆転されて白星はならなかった。ヤンキースは再逆転し、9-6で8連勝とした。

〔写真特集〕投打「二刀流」 大谷翔平

 エンゼルスの大谷はナ・リーグのロッキーズとの交流戦で八回に代打で出場し、中前打を放った。代打出場での安打は初めて。チームは8-0で快勝した。
 マーリンズの田沢はカブス戦の四回に2番手で登板し、1回2安打1失点だった。チームは4-13で大敗した。 (2018/05/10-12:02)


【野球記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT