島根で震度5強=強い揺れ相次ぐ-気象庁 – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 島根で震度5強=強い揺れ相次ぐ-気象庁 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 9日午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする地震があり、同県大田市で震度5強、出雲市などで震度5弱の揺れを観測したほか、中部から九州にかけて震度4~1の揺れがあった。気象庁によると、震源の深さは12キロ、地震の規模(マグニチュード=M)は6.1と推定される。

【特集】誰も考えたくない「次の震災」について考える

 大田市の震度観測点以外の地域では、揺れの大きさが6弱に達した可能性がある。島根県西部ではその後も地震が相次ぎ、震度4の地震は午前9時までに4回あった。
 県警によると、大田市の住民から「ブロック塀が倒れた」などの通報があった。県によると、同市の男性(17)がベッドから転落し右足を骨折したほか、50代男性が落下物で頭に軽傷を負うなど、計5人がけがをした。

島根県西部を震源とする地震について記者会見する気象庁の松森敏幸・地震津波監視課長=9日未明、東京・大手町の同庁

 気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は記者会見で、震源はほぼ南北方向の断層とみられ、横にずれて地震が起きたと説明。「揺れの強かった地域では約1週間、最大震度5強程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。
 近くに大きな活断層はないが、島根県西部では1963年にM5級の地震が相次いだことがあり、同規模以上の地震が続発する可能性もある。
 中国電力によると、運転停止中の島根原発(松江市)に異常はないという。(2018/04/09-10:04)


【熊本地震記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT