ハンガリー総選挙、首相与党が大勝=強権オルバン氏、連続3選 – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » ハンガリー総選挙、首相与党が大勝=強権オルバン氏、連続3選 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

8日、ブダペストで総選挙の投票を終え、記者団に答えるハンガリーのオルバン首相(AFP=時事)

 【ベルリン時事】ハンガリーで8日、総選挙(一院制、定数199)の投開票が行われ、強権的政治手法で知られるオルバン首相率いる中道右派与党「フィデス・ハンガリー市民連盟」が勝利した。協力政党と合わせた獲得議席数は134程度(改選前は131)と、憲法改正が可能な全体の3分の2以上を確保する見通しで、4期目(連続では3選)に入るオルバン氏の権力基盤が一段と強まりそうだ。
 選挙戦では一貫して「反難民」を唱えて支持を集め、左右で乱立する野党を終始リード。今回の大勝で、欧州での排外主義、ポピュリズム(大衆迎合)の広がりが改めて示された形だ。
 オルバン氏は8日の集会で「ハンガリーを守る機会が与えられた」と勝利宣言。仏極右政党、国民戦線のルペン党首はツイッターで「欧州連合(EU)の大量移民政策がまた否定された」と賛辞を贈った。(2018/04/09-09:50)


【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT