米に「非核化協議」直接伝達=金正恩氏が意思、首脳会談向け前進か – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 米に「非核化協議」直接伝達=金正恩氏が意思、首脳会談向け前進か – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領(AFP=時事)

 【ワシントン時事】米政府当局者は8日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「朝鮮半島の非核化」を協議する意思があると、北朝鮮側から直接伝えられたことを明らかにした。5月末までに行う見通しの米朝首脳会談の実現に向けて前進しそうだ。ただ、開催日時や場所はまだ決まっていないとみられる。
 米CNNテレビによると、米朝の情報機関当局者同士が最近、首脳会談の準備のために秘密接触を行ってきた。北朝鮮側は平壌での開催を要求しているとされるが、米国が受け入れるかは不明だ。
 米国は、非核化に応じることが北朝鮮との対話の条件と主張。トランプ氏も「金正恩は核開発の凍結だけでなく、非核化に言及した」と判断して、首脳会談の招待を受け入れた経緯がある。(2018/04/09-07:42)


【特集・北朝鮮の今記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT