特定商取引法違反で取引停止3カ月 札幌の会社 – 毎日新聞

Home » 商法・証券取引法違反 » 特定商取引法違反で取引停止3カ月 札幌の会社 – 毎日新聞
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません


 消費者庁は27日、仮想通貨をうたい「クローバーコイン」の価値が上がると言って連鎖販売取引(マルチ商法)をしたのは特定商取引法違反(不実告知など)に当たるとして、48(よつば)ホールディングス(札幌市)に連鎖販売取引の契約など3カ月の一部取引停止を命じた。

 消費者庁が仮想通貨絡みで取引停止命令を出すのは初めて。消費者庁によると、48ホールディングスはコインを「デジタル仮想通貨」などと説明。勧誘者は、コインの価値が将来的に上がるかどうかは不確定であるのに、「完全に上がる。買わなきゃ損をする」などと、値上がりが確実に見込まれるかのように説明していた。

 コインは社内で管理され、一般的には流通しておらず取引もされていない。契約した会員数は7月末時点で約3万5000人。昨年9月から今年6月までのコインなどの売上高は約192億円。既にホームページで、10月3日にコインの販売を終了したと説明している。

 消費者庁によると、全国の消費生活センターに寄せられた相談数は今月24日までに367件。契約の平均金額は約126万円、最高額は5100万円。48ホールディングスは「解約、返金に応じる」としている。【田口雅士】


LEAVE A COMMENT