「ストリーム」相場操縦事件 5人目を逮捕 金商法違反容疑で警視庁 – 産経ニュース

Home » 商法・証券取引法違反 » 「ストリーム」相場操縦事件 5人目を逮捕 金商法違反容疑で警視庁 – 産経ニュース
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 東証マザーズ上場のインターネット通販会社「ストリーム」(東京都港区)の株価が不正につり上げられたとされる株価操縦事件で、警視庁捜査2課などは17日、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で、シンガポール在住の会社役員、佐戸康高容疑者(58)を逮捕した。捜査2課は認否を明らかにしていない。

 この事件をめぐる逮捕者は5人目。佐戸容疑者らは株価を不正につり上げた後高値で売り抜けて利益を上げていたとみられ、捜査2課は5人の役割や資金の流れなどを調べている。

 逮捕容疑は、平成26年2月中旬ごろ、共謀してストリーム社の直前の株価を上回る価格で連続して注文を出す「買い上がり」などの手口で、株価を不正につり上げたとされる。ストリーム社の株価は26年1月には100円弱だったが、8月には500円台に急騰していた。

LEAVE A COMMENT