元KKC山本一郎会長に告発状 出資者「賭博事業無資格で募った」 トラブル10億円か – 産経ニュース

Home » 商法・証券取引法違反 » 元KKC山本一郎会長に告発状 出資者「賭博事業無資格で募った」 トラブル10億円か – 産経ニュース
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 「競球(けいきゅう)」という新たな賭博事業に投資すれば高配当が得られるなどとうたい、無資格で約1億1千万円の預託金を集めたとして、出資者が出資法違反(預かり金の禁止)罪で、コンサルティング会社「競球ホールディングス」(東京都台東区)の「山本意致朗(いちろう)」こと山本一郎会長(76)に対する告発状を警視庁に提出していたことが29日、分かった。山本会長は「経済革命倶楽部(KKC)」の巨額詐欺事件を主導したとして詐欺罪に問われ、平成16年に懲役8年の実刑判決が確定し、服役していた。

 競球HDをめぐっては、配当の遅滞や出資金が返還されないなどのトラブルが続発。損害賠償訴訟も起きており、総額は計10億円に上る可能性があるという。

 告発状を提出したのは埼玉県と千葉県に住む男性2人。

 告発状によると、山本会長は平成26年11月から昨年5月までの間に「早く投資をすればもうかる」「年金のように安定的に配当金がもらえる」などと誘いかけ、2人は計48回にわたって計約1億1千万円を預けた。しかし、約束された配当額が支払われることはなく、2人はそれぞれ約2900万円と約2100万円の損害を被ったとしている。

続きを読む

LEAVE A COMMENT