JERA、マレーシア企業からLNG 不利な条件見直し – SankeiBiz … – SankeiBiz

Home » 商法・証券取引法違反 » JERA、マレーシア企業からLNG 不利な条件見直し – SankeiBiz … – SankeiBiz
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 東京電力と中部電力が共同出資するJERA(ジェラ)は25日、マレーシア国営石油の子会社と、液化天然ガス(LNG)の売買に関し基本合意したと発表した。

 売り手企業が転売を契約で制限する買い手に不利な商慣行「仕向け地条項」を見直したため、余剰分などを第三者に売り渡しやすくなる。

 今回の合意で、ジェラは2018年4月からの3年間、年間最大約250万トンを購入する。これまでの契約が満了となるのに合わせ、条件の改定を進めた。ジェラは他社とのLNG契約でも、不利な条件の緩和を求めていく。

 仕向け地条項をめぐっては、今年6月に公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いがあると指摘。各国閣僚が集まり今月開かれたLNGの国際会議でも、日本などの輸入国が撤廃を訴えていた。

LEAVE A COMMENT