宗教法人代表ら違法貸付 出資法違反容疑で逮捕 – 日本経済新聞

Home » 商法・証券取引法違反 » 宗教法人代表ら違法貸付 出資法違反容疑で逮捕 – 日本経済新聞
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 兵庫、佐賀、新潟の3県警は1日、違法な高金利で資金を貸し付けていたとして、佐賀県伊万里市大坪町乙、宗教法人「至誠光魂寺」代表、立石扇山容疑者(77)や法人職員ら男女計4人を出資法違反の疑いで逮捕した。

 兵庫県警によると、立石容疑者らは、客を法人の賛助会員にさせ、「鍋島焼」の茶わんの購入代や宗教活動への寄付と偽装し、貸し付けていた。2011年からの約5年半に、42都道府県の約400の法人や個人に約10億7千万円を貸し付け、約16億円を回収したとみられ、法人の実態や被害の裏付けを進める。

 貸し付けの対象は中小企業経営者が多く、ヤミ金融業者が法人を紹介していた。立石容疑者は以前に貸金業を営んでいたことがあるという。

 4人の逮捕容疑は共謀し15年12月~昨年2月、大阪府と兵庫県の男性2人に計66万円を貸し付け、法定金利の10倍以上となる計11万円の利息を受け取った疑い。〔共同〕

LEAVE A COMMENT