京阪三条駅に爆破予告=8000人に影響-京都 – 時事通信

Home » 商法・証券取引法違反 » 京阪三条駅に爆破予告=8000人に影響-京都 – 時事通信
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 5日午前11時すぎ、京都市東山区の京阪電鉄三条駅を1時間後に爆破すると、同社お客さまセンターに電話があった。京都府警の要請を受け、同社は同11時半ごろから三条駅を封鎖。駅構内にいた利用客を避難させ、全ての電車を通過させた。爆発物は見つからず、封鎖は約1時間後に解除された。けが人や駅への被害はなかった。
 三条駅は平安神宮などの観光地に近く、京阪電鉄によると、この騒ぎで行楽客など約8000人に影響が出た。電話は男の声とみられ、要求はなかったという。
 京都府内では同日午前11時ごろ、JR綾部駅(京都府綾部市)とJR西舞鶴駅(同舞鶴市)にも同様の電話があったが、爆発物は発見されなかった。府警は威力業務妨害の疑いで捜査を始め、関連を調べている。(2017/11/05-16:15)

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT