東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落、ベガコーポ、メドレックスなどが売られる – minkabu PRESS

Home » 商法・証券取引法違反 » 東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落、ベガコーポ、メドレックスなどが売られる – minkabu PRESS
商法・証券取引法違反 コメントはまだありません

 2日前引けの東証マザーズ指数は前日比8.00ポイント安の1133.02ポイントと反落。

 個別ではテンポイノベーション<3484.T>、ベガコーポレーション<3542.T>、ユーザーローカル<3984.T>、SKIYAKI<3995.T>が年初来安値を更新。メドレックス<4586.T>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652.T>、日本ファルコム<3723.T>、ソーシャルワイヤー<3929.T>、ジーエヌアイグループ<2160.T>は値下がり率上位に売られた。

 一方、ロコンド<3558.T>、UMNファーマ<4585.T>がストップ高。インタースペース<2122.T>、ユナイテッド<2497.T>、タイセイ<3359.T>、串カツ田中<3547.T>、MS-Japan<6539.T>は年初来高値を更新。マルマエ<6264.T>、ウォンテッドリー<3991.T>、ユナイテッド&コレクティブ<3557.T>、バルニバービ<3418.T>、そーせいグループ<4565.T>は値上がり率上位に買われた。

出所:株探ニュース(株式会社みんかぶ)

LEAVE A COMMENT