埼玉県内11月の倒産件数、2カ月連続で減少 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 倒産・経営不振 » 埼玉県内11月の倒産件数、2カ月連続で減少 :日本経済新聞 – 日本経済新聞
倒産・経営不振 コメントはまだありません

 帝国データバンク大宮支店がまとめた11月の埼玉県内の倒産件数(負債額1000万円以上)は前年より1件少ない27件だった。前年を下回ったのは2カ月連続。負債総額は前年を27%上回ったものの、小規模倒産が大半を占めたために今年に入ってから3番目に少ない水準だった。

 負債総額は22億8200万円。負債額5000万円未満の倒産が最も多く、全体の約6割を占めた。負債額10億円以上の大型倒産は4カ月連続で発生しなかった。

 業種別では建設業が8件で最も多く、製造業(5件)と小売業(同)が続いた。同社は「ここ4カ月は大きく増えたり減ったりせずに横ばいの状況。今後も現状程度の水準が続く」とみている。 集計基準が異なる東京商工リサーチ埼玉支店によると、11月の倒産件数は前年より9件少ない18件。負債総額は36%減の22億700万円だった。

LEAVE A COMMENT