【買い】オルトプラス(3672)中国向け2タイトルと、アークザラッド。思惑相場。 – minkabu PRESS

Home » 倒産・経営不振 » 【買い】オルトプラス(3672)中国向け2タイトルと、アークザラッド。思惑相場。 – minkabu PRESS
倒産・経営不振 コメントはまだありません

■続伸期待

ソーシャルゲームの企画・開発・運営を目的に設立。「ダービーズキングの伝説」を皮切りに、グリー向けにゲームを提供。グリーとは12年9月に業務提携。以後、スクウェア・エニックスやバンダイゲームスと共同でグリー向けに版権タイトルを提供している。ただ、スマホへの対応が遅れ業績不振に。人件費の削減やオフィスの縮小、スマホタイトル投入などで目下再建途上。

11月末に取締役候補の選任について発表。12月22日開催予定の株主総会に付議する新任取締役候補として、佐藤秀樹氏の名前が挙がっていることが期待材料視されているようです。同氏は株式会社セガ・エンタープライゼス在任中、代表取締役社長として経営に携わった経験を持っていることから、今後の事業展開に対する期待感が高まっているようです。

開発中のアークザラッド、中国向けタイトル(バンダイナムコ共同含む)も控えており、思惑相場展開。

節目1316円を、一時4日に捉えるも、終値では押し戻されました。
5日、差し込みから陽線。6日は続伸を期待したいところです。

【関連ニュース】

A4245e8b8

本田隆一郎 (ほんだりゅういちろう)

株式投資暁投資顧問 取締役

LEAVE A COMMENT