帝国通信工業のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!

Home » 倒産・経営不振 » 帝国通信工業のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!
倒産・経営不振 コメントはまだありません


※この業績予想は2018年3月29日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

帝国通信工業

3ヶ月後
予想株価
1,350円

可変抵抗器メーカー。一貫生産体制が強み。海外売上比率は54%。家電・カメラ向けが中心の前面操作ブロックが主力。車載向けの拡大に力注ぐ。業績不振のインドネシア子会社は解散へ。18.3期は二桁増収・大幅増益。

車載関連、ゲーム機用スイッチシートが好調。可変抵抗器や固定抵抗器も伸びる。18.3期は営業益続伸へ。固定資産売却益剥落。増配。19.3期は全面操作ブロックが上向く。指標面に割安感なく、株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/13,800/900/1,000/500/50.96/50.00
19.3連/F予/14,500/1,000/1,100/700/71.30/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/03/29
執筆者:JK

LEAVE A COMMENT