インド、破産・倒産法の対象を拡大へ :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 倒産・経営不振 » インド、破産・倒産法の対象を拡大へ :日本経済新聞 – 日本経済新聞
倒産・経営不振 コメントはまだありません

 ■インド政府 深刻化する不良債権問題に対応するため、企業の破綻処理を円滑にして不良債権処理を進める破産・倒産法の対象を個人や小規模企業に拡大する計画だ。アナリストからは歓迎の声が上がっている。

 政府は同法による手続きの対象を個人や小規模企業に広げる改正案について今月第2週にパブリックコメントを募集した。2016年末に施行された同法は現在、企業のみを対象としている。

 中小零細企業部門では近年不良債権が急増している。財務省のデータでは2016年の同部門全体の不良債権額は1兆2300億ルピー(約2兆1300億円)と前年からほぼ倍増し、債務全体に占める割合も8.77%に達した。

 インド全体の平均は約2.7%。2017年6月末時点の不良債権総額は過去最高の8兆ルピーに膨らんだと推定されている。(ムンバイ=ローズマリー・マランディ)

LEAVE A COMMENT