大垣署情報漏えい:個人情報の抹消 請求却下求める 第1回口頭弁論で … – 毎日新聞

Home » 個人情報流出・不正アクセス » 大垣署情報漏えい:個人情報の抹消 請求却下求める 第1回口頭弁論で … – 毎日新聞
個人情報流出・不正アクセス コメントはまだありません


 中部電力の子会社「シーテック」(名古屋市)が大垣市などに計画する風力発電施設を巡り、個人情報を大垣署が同社に漏らしたとして、国と県に個人情報の抹消を求めた追加訴訟の第1回口頭弁論が16日、岐阜地裁(池町知佐子裁判長)であり、国は請求却下を求めた。係争中の損害賠償訴訟と併合審理された。

 原告の近藤ゆり子さん(68)は意見陳述し、「警察は恣意(しい)的判断で私の個人情報を収集し、利用している。絶対に許せない」と訴えた。

 国は答弁書で「原告らが抹消を求める対象が何であるのかが特定されていない」として、原告の請求却下を求めた。県は「警察による情報収集活動の具体的な内容については認否を留保する」とした。訴状によると、県警と警察庁が保有しているとされる住民4人の個人情報が人格権を侵害しているとして個人情報の抹消を求めている。【横田伸治】


LEAVE A COMMENT