ディー・エヌ・エーはAIで“第二の創業”をなし得るか – livedoor

Home » 企業不祥事 » DeNAまとめサイト問題 » ディー・エヌ・エーはAIで“第二の創業”をなし得るか – livedoor
DeNAまとめサイト問題 コメントはまだありません

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は人工知能(AI)を武器に第2の創業を成そうとしている。得意のゲームだけでなく、新規事業として他社と連携するヘルスケア、オートモーティブ関連などでもAIを駆使して成長を図る。AIの活用が当たり前となる中、DeNAは自社のAI技術と他社の技術の使い分けや事業の幅広さを有利に使い「AIのよろず屋」となって存在感を高めたい考えだ。

 「インターネットと同じような存在になる」。守安功社長は、AIがいずれ社会や生活を一変させるツールになると確信し、2016年ごろからAIの研究開発や事業での活用を積極化した。

 同年10月には全社横断的にAIを使ったサービスを研究開発するAIシステム部と、AIによる新規事業開発を担うAI戦略推進室を設けた。

 AIシステム部は自前のAI基盤を開発するほか、ゲームやオートモーティブ、スポーツといった各事業のデータ分析担当者と連携してAIの事業での活用を推進している。

 システム本部の山田憲晋AIシステム部長は「DeNAはかねてゲームや電子商取引(EC)事業でビッグデータの分析を手がける。技術や人材面からもAIの利活用に向く」と胸を張る。

 近年は優秀なデータサイエンティストの採用や、社内でのAI人材育成にも熱心だ。4月からは社内での技術者育成の新制度も始めている。

 一般的にAI基盤などを開発する企業とAIを活用する企業は別だ。だが、DeNAはAI関連の技術を自前で開発しつつ、ゲームや創薬、自動運転といったさまざまな分野で自ら応用できる。

 加えて「ゲーム事業のようにAIをすぐ採用し試せる事業もあるし、オートモーティブなどパートナー企業と腰を据えて取り組むような事業へのAI活用もある。数多くのAI活用の場面を持つ」(AI事業推進室の村上淳室長)ことも、DeNAにとって有利に働く。

 DeNAは神奈川県タクシー協会(横浜市中区)と協力してスマートフォンからタクシーを呼び出せるサービス「タクベル」の実用化を目指す。車両情報と需要データをAIで解析し、タクシーがどこに必要かを予測するシステムを検証した。

 また、ヤマト運輸と取り組む自動運転車の利用を視野に入れた配送サービス「ロボネコヤマト」、塩野義製薬や旭化成ファーマ(東京都千代田区)との創薬など企業連携を盛んに進めている。パートナー企業や自治体の数は12を超える。これらコラボレーションでもAIを使った効率化や品質向上を行う。数多くの協業でAIを使うことで、得がたい経験値をためることができる。

 山田AIシステム部長によると、AI技術の利活用で問題になっているのは応用の部分、特にサービスでのAI活用の点で課題が多い。

 DeNAが多くのコラボレーションでAIを活用し成功例を出せば信頼度が増し、より多くの企業と連携できるようになる。そうすればより多くの事業で成長軌道を描ける。DeNAは自らのユニークさをフルに生かし、AIのことなら何でも分かる「よろず屋」的な立場を目指していく。

ゲーム事業で応用
 DeNAにとって、AIは相性の良いツールだ。DeNAはAIの活用に不可欠なIT系に強くビッグデータ(大量データ)も豊富。ヘルスケア、オートモーティブ、電子商取引(EC)など数多くの事業を持ちAIを使う舞台も整う。中でもゲーム事業は、AIを導入する妨げが少なく、試行錯誤するにはうってつけと言える。

 AIは早く実戦投入して経験値を得た方がライバルに差をつけられる。だが信頼性や安全性の保証が難しく、導入の難点となる。

 DeNAは各事業でAI活用を進める方針だ。AI導入の事業ごとの特性を見て進捗(しんちょく)のスピード感を判断する。例えば、パートナーと進めるオートモーティブ事業は信頼性などを重んじて中長期的な視野でAIによる利点創出を目指す。

LEAVE A COMMENT