マクドナルド、カサノバ改革 完全復活へ王手? :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 企業不祥事 » マクドナルド異物混入問題 » マクドナルド、カサノバ改革 完全復活へ王手? :日本経済新聞 – 日本経済新聞
マクドナルド異物混入問題 コメントはまだありません

 日本マクドナルドホールディングスの業績拡大が勢いを増してきた。13日に発表した2017年12月期の連結決算は営業利益が189億円と前の期の2.7倍となった。純利益は特別利益の計上なども寄与し、4.5倍の240億円と01年の上場後で過去最高を記録した。鶏肉偽装や異物混入問題で14年12月期から2年連続で最終赤字と窮地に立たされたが、負のイメージを払拭しつつある。背景にはサラ・カサノバ社長の下で進め…

LEAVE A COMMENT