韓国市場は無視? アウディVWの「二つの顔」(1) – 中央日報

Home » 企業不祥事 » フォルクスワーゲン排ガス不正 » 韓国市場は無視? アウディVWの「二つの顔」(1) – 中央日報
フォルクスワーゲン排ガス不正 コメントはまだありません
写真拡大

アウディフォルクスワーゲン

  アウディフォルクスワーゲン(VW)の二重の姿がまた俎上に載せられた。2016年に起きた「排ガスデータ改ざん(ディーゼルゲート)事件」に関連し、不誠実な態度で裁判に臨むなど責任感に欠けたまま韓国内の再販売に没頭しているからだ。韓国市場をないがしろにしているという指摘が出ている。

  ◆消えたアウディVW被告人

  5日、業界によると、ディーゼルゲート事件で起訴されたアウディVWコリアの中心関係者は最近開かれた裁判に相次いで姿を現さないでいる。

  ヨハネス・タモ(Johannes Thammer)前アウディVWコリア社長は11月29日、ソウル中央地方裁判所刑事合意31部の審理で開かれた裁判に欠席した。タモ前社長はことし1月に起訴されてから一度も出廷しないでいる。タモ前社長側の弁護人は「血圧が非常に高くて1時間以上飛行機に乗れず、長時間、車にも乗れない」とし「がんも疑われている」と説明した。

  これに先立ち、タモ前社長は1月に起訴された後、検察が出国禁止を解いた間(6月5日)にドイツに発った。その後は海外に留まりながら「裁判への出席は難しい」という意志を韓国の弁護人を通じて裁判所に伝えていた。

  裁判所は現在、妙案を出せずにいる。タモ前社長が裁判に欠席する意思を示したことで、弁護人の多くは辞任届を提出した状態だ。

  タモ前社長だけでなく、前任者であるトレバー・ヒル元社長も11月28日、同じ裁判所の審理で開かれた公判準備期日に姿を見せなかった。ヒル元社長はことし8月の裁判で、弁護人を通じて南アフリカ共和国に勤務中なので出席するのは難しいが、次の裁判には出席するという意向を明らかにしていた。しかしヒル元社長も起訴後、一度も法廷に出てきたことはない。ある業界関係者は「2人が裁判に欠席したことでディーゼルゲート事件にアウディVWドイツ本社が介入したかどうかを明らかにするための審理手続きに支障が出るものとみられる」と話した。これについてアウディVWコリア側は「特別な立場はない」とコメントした。


韓国市場は無視? アウディVWの「二つの顔」(2)

LEAVE A COMMENT