ドイツ、公共交通機関の無償化を検討 EUの大気汚染規制対策で – 時事通信

Home » 企業不祥事 » フォルクスワーゲン排ガス不正 » ドイツ、公共交通機関の無償化を検討 EUの大気汚染規制対策で – 時事通信
フォルクスワーゲン排ガス不正 コメントはまだありません

【フランクフルトアムマインAFP=時事】欧州連合(EU)が域内各国に課す大気汚染改善目標の達成に向けて、ドイツ政府が公共交通機関を無償化して道路の交通量を減らす案の検討に入ったことが13日、明らかになった。基準違反が続いていることへの危機感からとみられるが、自動車大国ドイツの思い切った対策は近隣諸国を驚かせている。(写真は資料写真)
 ドイツでは2年前にフォルクスワーゲンの排ガス不正が発覚。ドイツ経済を支える自動車産業に対する怒りも爆発していた。
 バルバラ・ヘンドリクス環境・建設・原子力安全相は欧州委員会のカルメヌ・ベッラ委員(環境・海洋・漁業)への書簡の中で「わが国は自家用車の台数を削減するために公共交通機関の無償化を検討している」と述べている。
 ドイツを含む9カ国は、二酸化窒素や微粒子に関するEUの規制を1月30日までに満たせなかった。違反国は欧州司法裁判所に提訴され、罰金を科される可能性がある。
 ヘンドリクス氏は「これ以上の不要な遅延を避けて、効果的な大気汚染対策を進めていくのがドイツの最優先課題」とも記している。
 公共交通機関の無償化は早ければ年内にも西ドイツの首都だったボン、工業都市のエッセンとマンハイムなど、ドイツ西部の5都市で実証実験が行われる。
 交通機関の無償化に加えて、バスやタクシーの排出量規制の強化、低排出ゾーンやカーシェアリング制度の支援なども提案された。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2018/02/14-12:42)


この記事の英文はこちら【英文時事コム】

【ワールドEYE記事一覧へ】 【アクセスランキング】

LEAVE A COMMENT