「会社を辞める勇気が欲しい」というSOSに「うつになってからでは遅い … – キャリコネ

Home » ブラック企業 » 「会社を辞める勇気が欲しい」というSOSに「うつになってからでは遅い … – キャリコネ
ブラック企業 コメントはまだありません

人っておかしなもので、傍から見るともう確実に行き詰ってしまっているのに、当人はまだ自分が冷静でなんとかまともに生きていられると思い込んでしまう部分がある。

たとえばブラック企業の社員なんて、どう見ても過労死手前なのに「俺はまだマシな部類」とか思い込んであくせく働く。労働の対価も十分に支払われていないのに、「仕事があるだけありがたい」なんて言ってることもある。

周囲がそんな状況を心配して「転職すべきでは?」とアドバイスしても、なぜか意固地になってそれを聞き入れないというケースも個人的に何度か目にしてきている。だけど、これってその意固地な当人がどうとかの話ではなくって、本当に自分の状態が判別不可能なぐらいに追い詰められているだけなのではないだろうか。(文:松本ミゾレ)

「会社辞めたい!もう限界!」と思ったらすぐに辞めるべきだとは思うけど……

LEAVE A COMMENT