糸井重里のフリーランスの働き方 「”ひとりブラック企業”化しやすい」「ちょっとなめられる方が自由でいられる」 – キャリコネ

Home » ブラック企業 » 糸井重里のフリーランスの働き方 「”ひとりブラック企業”化しやすい」「ちょっとなめられる方が自由でいられる」 – キャリコネ
ブラック企業 コメントはまだありません

多様な働き方が増えている昨今だが、コピーライターの糸井重里さんがツイッターでフリーランスとしての働き方について語り、話題を呼んでいる。

10月20日、「いま現在『フリー』の立場で働いている人が、これからの未来につながるあらゆる働き方の実験をしているのだと思う」というツイートを投稿した。

「売れすぎてすべて引き受けて資源が枯渇したり過労で倒れたりすることも、うまいこと休んでちょうどよく働くことも、年の半分働くようなことも、会社の働き方のモデルになるであろう」

「ちやほやされると『すごいじぶん』を見せ続けようして、妙なことになりやすい」

LEAVE A COMMENT