失踪・犯罪・使い捨て…問題多発 介護職追加の外国人技能実習制度 – 産経ニュース

Home » ブラック企業 » 失踪・犯罪・使い捨て…問題多発 介護職追加の外国人技能実習制度 – 産経ニュース
ブラック企業 コメントはまだありません

 外国人技能実習制度をめぐってはこれまで多くの不法滞在者を生んだほか、違法な長時間労働や賃金不払いなど問題が多く残されている。11月から受け入れ先への監督強化のため外国人技能実習適正化法も施行されるが、「新しい制度になっても問題はなくならない」と危惧する声もある。

 法務省によると、技能実習制度で来日した外国人が平成23年からの5年間で約1万人以上失踪している。多くが不法滞在となっているとみられ、国内の治安にも影響を与えかねない。

 警察当局に摘発される事例も相次いでいる。25年3月、広島県江田島市のカキ養殖加工会社で勤務していた中国人の実習生が経営者ら9人を殺傷する事件があった。今年7月には、熊本県警が20代の女性を刃物で襲って負傷させたとして強盗殺人未遂の容疑でベトナム人実習生を逮捕した。

 警察庁によると、全国の警察に摘発された実習生は、統計を開始した24年には331人だったが、28年に4倍以上の1387人に達した。

 さらに問題は「労働者の使い捨て状態」が解消されず、違法が横行していることだ。厚生労働省の調査によると、28年に賃金不払いや過重労働など労働基準法違反が認められた受け入れ事業者は約4千に上った。中には、受け入れ先の縫製業者が実習生4人に対し、約2年3カ月で約1800万円の賃金不払いがあったケースもある。

続きを読む

LEAVE A COMMENT