ブラック隠しの臭いしかしねえ、福岡市の「働き方改革」推進企業認定 – BLOGOS

Home » ブラック企業 » ブラック隠しの臭いしかしねえ、福岡市の「働き方改革」推進企業認定 – BLOGOS
ブラック企業 コメントはまだありません

 「ブラック企業」の反対としての「ホワイト企業」。

 つまり完全にコンプライアンスばっちりの企業、みたいな感じ。

 そこまでいかなくても、そのつもりでかなり努力しているぜ、という。

 今日の日経で見たんだけど、福岡市が「ふくおか『働き方改革』推進企業認定事業」始めるっていうんだよね。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/k-roudou/life/hatarakikata-nintei.html

福岡市は27日、従業員が働きやすい職場作りに取り組む企業に向けて独自の認定制度を始めると発表した。政令市では初めてという。……働き方改革のために福岡市が独自に設けた28項目のうち、16項目を満たせば認定する。子育てと仕事の両立支援や高齢者や障がい者らへの配慮、長時間労働の是正といった取り組みが対象となる。(日経2017年10月28日付)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2282140027102017LX0000/

 ブラック企業を規制する条例を自治体でどうつくるかを考えた時、独自の法規制がなかなか難しい中では、啓発や相談がけっこう大きな比重を占めると思うが、「ホワイト企業認証」のような反対の企業を顕彰するのはその中の具体策の一つとして一般的にはありうる

 だけど、これって、ヘタをすると「ブラック企業の実態隠し」になりかねない

過労自殺企業が「子育てサポート企業」認定受けていたアレ

 2015年に高橋まつりの過労自殺事件を起こした電通が厚労省に「子育てサポート企業」と認定(くるみん認定)されていたことは大きな問題になった。

 旧「くるみん」の認定基準にはこうある。

次世代法や労働基準法、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法などの関係法令に違反する重大な事実がないことが必要です。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/26a_004.pdf

 ところが、電通は高橋の過労自殺が起きる2015年のすぐ前、2013年にも過労死事件を起こし、2014~2015年に是正勧告を受けている。なぜ2015年に引っかからずに「くるみん」認定を受けられたのか。

 国会質問を見ると、こうなっている。

○国務大臣(塩崎恭久君) くるみん認定を受けるためには重大な労働関係法令違反がないことなどが基準として定められております。具体的には、育児・介護休業法や男女雇用機会均等法に違反して勧告を受けていないこと、そして労働基準法に違反して送検され当該事案が公になっていないことなどでございまして、これらに該当する場合は認定を受けることができないということになっています。

 電通につきましても、東京労働局において認定の際に基準に適合をしていることを確認をした上で認定をしたものでありますけれども、今回のような事態になり、大変遺憾なことだと思っております。(参議院厚生労働委員会2016年11月08日、強調は引用者)

 つまり、「労働基準法に違反して送検され当該事案が公になっていない」ので、引っかからなかったというわけである。

 相当にハードルが高くないか?

 人が死んだり、たびたび勧告されたりする「程度」では、「くるみん」認定拒否はできないのである。

 そして、改定された「くるみん」認定の基準はこちらだ。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000156432_1.pdf

 そこにこういう基準がある。

10.法および法に基づく命令その他関係法令に違反する重大な事実がないこと

※「その他関係法令に違反する重大な事実」とは、以下の法令違反等を指します。

  • 労働基準法、労働安全衛生法等に違反して送検公表
  • 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法で勧告
  • 労働保険料未納
  • 長時間労働等に関する重大な労働法令に違反し、是正意思なし
  • 労働基準関係法令の同一条項に複数回違反
  • 違法な長時間労働を繰り返し行う企業の経営トップに対する都道府県労働局長による是正指導の実施に基づき企業名公表 等

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000156432_1.pdf

8.労働時間数について、次の1及び2を満たすこと

  1. フルタイムの労働者等の法定時間外・法定休日労働時間の平均が各月45時間未満であること。
  2. 月平均の法定時間外労働60時間以上の労働者がいないこと。

 いやー、率直にいわせてもらえば、これでさえかなりハードル高いっすよ。

 「労働基準関係法令の同一条項に複数回違反」あたりが電通事件を意識して入ったのかなと思うけど、それだけでももう十分ブラックだよ。それがないっていうだけで「くるみん」認定していいの?

 しかも「月平均の法定時間外労働60時間以上の労働者がいないこと」ってどうやって調べんの?

 さっきの国会質問をした共産党の倉林は、こう言っている。

この確認は申請書類、企業の自己申告によるものだということだと思うんですね。(前掲)

 結局、企業の自己申告なのか*1

 「ホワイト企業」を偽装して実はブラックな実態がある「隠れブラック企業」、「おしろい企業」について、表面上キレイゴトを並べていた飲食大手のサトレストランシステムズに強制捜査が入る様子をNHKが報道している。

会社は、実働8時間・完全週休2日をうたい、時短勤務の推進を掲げていました。

この制度が守られていれば、過重労働など起こり得ないと、社長も自信を持っていました。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3886/1.html?utm_int=detail_contents_news-link_003

しかし、長時間労働が隠れて行われているという内部告発などをきっかけに、「かとく」*2が捜査に乗り出したのです。

全従業員、およそ1万人分の勤務記録を押収。

一枚一枚を徹底的に分析し、記録が実態と合っているかどうか照らし合わせていきました。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3886/1.html?utm_int=detail_contents_news-link_003

 ここまでやって、ようやくこの企業のブラックが暴きだされた。

LEAVE A COMMENT